沿革・歴史

前のページに戻る

年月沿革
昭和24年5月旧制の水戸高等学校、茨城師範学校、茨城青年師範学校、多賀工業専門学校を包括し、文理学部・教育学部・工学部の3学部からなる新制大学として発足
昭和30年7月工業短期大学部を併設
昭和42年6月文理学部を改組し、人文学部・理学部・教養部を設置
昭和43年4月大学院工学研究科(修士課程)を設置
昭和45年4月大学院工学研究科(修士課程)機械工学第二専攻を増設
昭和51年4月大学院工学研究科(修士課程)情報工学専攻を増設
昭和54年4月大学院理学研究科(修士課程)を設置
昭和58年4月大学院理学研究科(修士課程)地球科学専攻を増設
昭和60年4月大学院工学研究科(修士課程)建設工学専攻を増設
平成5年4月大学院工学研究科(修士課程)を改組し、博士前期課程、博士後期課程を設置
平成7年4月大学院工学研究科を理工学研究科に名称変更、大学院理学研究科(修士課程)を廃止し、大学院理工学研究科(博士前期課程、博士後期課程)に再編成
平成12年4月大学院理工学研究科(博士前期課程)メディア通信工学専攻を増設
平成16年4月大学院理工学研究科(博士前期課程・博士後期課程)応用粒子線科学専攻を増設
平成21年4月大学院理工学研究科(博士前期課程)理学系3専攻を統合し、理学専攻に再編成
平成28年4月大学院理工学研究科(博士前期課程)物質工学専攻、応用粒子線科学専攻を廃止し、量子線科学専攻を設置
大学院理工学研究科(博士後期課程)5専攻を3専攻に再編成

このページの先頭へ