• お知らせ
  • 本学から平成25年度採用分日本学術振興会特別研究員に4名採用されました

本学から平成25年度採用分日本学術振興会特別研究員に4名採用されました

前のページに戻る

平成25年度採用分日本学術振興会特別研究員の採用内定者が平成25年1月29日に通知され、本学では17件の申請を行った結果、DC1が1名、DC2が2名、PDが1名の計4名が採用されることになりました。

採用された方は、以下の4名です。

  • DC1 (博士前期課程在学者) 大学院理工学研究科  加賀谷 美佳さん
    受入研究者 : 理学部  准教授 片桐 秀明
    採用期間 : 平成25年4月1日~平成28年3月31日の3年間
    研究題目 : 超高エネルギー宇宙線源候補である未同定ガンマ線源の多波長観測による研究
  • DC2 (博士後期課程在学者) 大学院理工学研究科  村上 倫子さん
    受入研究者 : 工学部  教授 増澤 徹
    採用期間 : 平成25年4月1日~平成27年3月31日の2年間
    研究題目 : 磁気浮上モータの受動安定性の解明と薄型補助人工心臓への応用
  • DC2 (博士後期課程在学者) 大学院理工学研究科  砂押 正章さん
    受入研究者 : 理学部  教授 立花 章
    採用期間 : 平成25年4月1日~平成27年3月31日の2年間
    研究題目 : マウスTリンパ腫発生モデルを用いた幼若期被ばくによる発がんメカニズムの解明
  • PD (博士課程修了者) 立命館大学大学院先端総合学術研究科  川端 美季さん
    受入研究者 : 教育学部  教授 瀧澤 利行
    採用期間 : 平成25年4月1日~平成28年3月31日の3年間
    研究題目 : 近代日本における衛生規範の変容――公衆浴場・理髪所・洗濯場の制度化を通じて

特別研究員制度は、我が国トップクラスの優れた若手研究者に対して、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与え、研究者の養成・確保を図る制度です。特別研究員として採用されると、月額200,000円~360,000円程度の研究奨励金が支給されることになりますが、昨年度の本制度の採択率は、DC1が25.6%、DC2が24.9%、PDが17.2%と非常に狭き門となっております。

本制度は、例年2月に募集要項等の発表がありますので、申請を希望される方は、独立行政法人日本学術振興会 (特別研究員) のHPを参照してください。なお、学内での申請方法についてのお問い合わせについては、取りまとめ部署である学術企画部企画課学術推進係 (029-228-8822) までご連絡ください。

  • 茨城大学
  • 茨城大学理学部
  • 茨城大学工学部
  • 本学の震災対応等
  • 日立キャンパスの節電対策
  • 日立キャンパスの使用電力
  • 日立キャンパス完全禁煙化宣言
  • 来学する際のお願い
  • 理工学研究科教員一覧
  • 学内向けメニュー

このページの先頭へ