• お知らせ
  • 理工学研究科量子線科学専攻博士前期課程2年の福本陽平さん、1年の上地昇一さんが日本中性子科学会第18回年会において、優秀ポスター賞を受賞しました

理工学研究科量子線科学専攻博士前期課程2年の福本陽平さん、1年の上地昇一さんが日本中性子科学会第18回年会において、優秀ポスター賞を受賞しました

前のページに戻る

大学院理工学研究科量子線科学専攻博士前期課程2年の福本陽平さん、1年の上地昇一さん(指導教員 : 大山研司教授)が、 12月4-5日に開催された日本中性子科学会第18回年会において、優秀ポスター賞を受賞しました。

福本さん、上地さんが発表したのは、 白色中性子ホログラフィーという最近茨城大学が世界に先駆けて実用化に成功した原子観測方法の開発と、 ホログラフィーを用いた材料研究です。 福本くんは、白色LED材料であるSiCでのBドープについての研究について、 上地くんは、対象物質の拡大によるホログラフィーの応用範囲の拡張の成果について、発表しました。 多くの大学、研究施設からの参加があるなかで、茨城大から2名の受賞者をだしたことは、 茨城大生の研究レベルの高さを示しているといえます。

受賞演題

中性子用ホログラムシミュレーョンソフトの開発とBドープ6H-SiCの局所構造解析

福本陽平

対象元素の拡大による白色中性子ホログラフィーの展開

上地昇一

関連リンク

日本中性子科学会

大山研究室

  • 茨城大学
  • 茨城大学理学部
  • 茨城大学工学部
  • 本学の震災対応等
  • 日立キャンパスの節電対策
  • 日立キャンパスの使用電力
  • 日立キャンパス完全禁煙化宣言
  • 来学する際のお願い
  • 理工学研究科教員一覧
  • 学内向けメニュー

このページの先頭へ